『音楽の薬』
型番 EH-360
販売価格

1,400円

購入数

このアルバムは、ニューヨークはブロードウェイにあった
マイナーなレコード会社の社長であり、
ドクターでもあるアーティストが中心になり
アメリカで1960年に発表した作品です。

病人という訳ではないけれども、
そういう心身、何処かの疲れた症状を
音楽の心地よさによって改善させよう
という意図で作られたそうです。

ある作曲家が音楽の担当医として、一部の作曲のほか、
全曲のアレンジと指揮を受け持っています。
他のスタッフにはテナー・サックスやギターなど、
一流の腕を持った実力者達が集められました。

楽しい事などを思い出して、
気分をリラックスさせながら、
この音楽の薬をお試しください・・・ 

症状改善のためには、
「このハッピーなアルバムを一日一回聴きましょう」
と処方されています(笑)

なかなか面白く演奏されていて、お薦めです。

アーティス名は非公開。
お求めくださった方のみ、知ることができるのです(笑)
もちろん製品には記載しています。

曲目(全12曲):
あかりが見えた / エックス線
マイ・メランコリー・ベイビー / 心臓
くたびれた血液 / 乾いた骨
潰瘍通り / フィーヴァー
イズ・デア・ア・ドクター・イン・ザ・ハウス?
ドント・ゲット・アラウンド・マッチ・エニイモア
ザット・オールド・フィーリング
セント・ジェームス病院

収録時間
(曲間含む合計:約30分13秒)


御試聴は、以下の当方ブログにて
少しですが可能です。

https://record-music.work/works/archives/259



Members
Cart
Category
Recommend