『土曜日のティー・タイム』
型番 EH-368
販売価格

1,600円

購入数


ティー・タイムは、もともと「コミュニケーションの場」として
誕生しましたが、その背景の多くには“音楽”が伴います。
その昔、ダンスホールで生バンドの演奏とともに、
社交的な場を楽しんでいた上流階級の人達からはじまり、
ティー・タイムに音楽の流れるコミュニケーションは、
今も日本を含めた世界中で共通していることなのかも知れません。

南米はブラジルにて活躍していた楽団の1950年代の録音に、
しばしタイムスリップして、ブラジルの現地ティー・タイム・ムードを
お楽しみいただけます。
お国柄、サンバのリズムが4曲と一番多くありますが、
フォックス・トロットにボレロ、ルンバ、そしてマンボと、
バラエティーなリズムにより楽しくて、
ミステリアスなムードが広がります。

マニアックですが、個性的な貴重作品(録音)としておすすめです。

(演奏アーティスト名は製品に記載しております)



曲目リスト
01:(あなたの目が輝くので)
02:オンリー・ユー
03:パリス、パリス
04:二人でお茶を
05:(外の雨)
06:(あなたが愛する人)
07:リトル・ダーリン
08:マンボ・ウィズ・ミー
09:(サンバの祭り)
10:(サンバの中のショパン)
11:マイアミ・ビーチ
12:スリー・ディー・マンボ
※カッコの題名は意訳です。

収録時間
(曲間含む合計:約34分43秒)


Members
Cart
Category
Recommend