モートン・グールドの「初吹き込み」第一号・原盤レコード自作曲
型番 SP盤(蓄音機でかける78回転のレコード)アメリカのオリジナル盤
販売価格

39,800円

購入数

モートン・グールドが「初めて吹き込んだ」自作曲のレコード!
 
中古SP盤(蓄音機でかける78回転のレコード)です。
 
その昔、テレビ朝日系『日曜洋画劇場』のエンディングで
流れていた「ソー・イン・ラヴ(So in Love)」の
ピアノ演奏を吹き込んだモートン・グールド(Morton Gould)が
初めて出した第一号(1st)ファースト・レコードです。

しかも、当SP盤は、
アナログの魅力をお楽しみいただける
当時発売のオリジナル原盤です!
(「原盤」は、吹込みされた発売国から、
最初に発売されたレコードを意味していて
本でいう初版本に相当するものです。)

 
まだ彼が10代だった頃、この自分で作曲した作品(1曲)を
吹込み、そして放浪の旅に出たとか・・・ 
後に出したファースト「アルバム」の吹込みは、
随分後になってからのことです。
 
モートン・グールド自身が作曲して弾いているピアノ曲は
随分と奇妙な演奏に聴こえますが、まさに天才児だったのでしょう。
 
御興味のある方へのお楽しみとして、レコード番号や
曲目等は内緒にしておきます・・・ 
 
まだモートン・グールドが、10代だった頃に発売された
とても古いものなので、滅多に見つからない戦前の原盤です。
 
状態は、自作曲でないラベル面の穴の付近が
少し傷んで(レコードをターンテーブルに乗せる際に
何度か軸を穴の付近にぶつけた痕)いますが、
全体的には多少の擦り傷あるくらいで、年代を考えると
かなりきれいな状態に保たれていると思います。
 

 
中古品のため、細かい状態を気にされる方には不向きです。
あらかじめ古いものであることを御理解の上で、
御注文をお願いいたします。現物1点のみです。
 
価格は、送料を含んでいます。

御注文くださる場合は、送付方法選択で、
「最新タイトルのセット又は割引特典の御注文 」を
選択してください。