『サロン・ミュージック』
型番 EW-160
販売価格

1,500円

購入数

このCDは、「ムード・ミュージック」と
名付けられる直前のスタイル、前身といった形の
「サロン・ミュージック」と呼ばれていた時代の
貴重なSP盤アルバムから復刻しました。

サロンというと、欧米の客間、古くはヨーロッパの
上流階級の人達が社交的な場とした広間などの意味があります。
よって、ここに収められたサロン・ミュージックは、
その名残りのあるような意味で、上流階級の客間で流す音楽とか、
ホテルのロビー等のバックグラウンド・ミュージックとして
流すような役目のある、上品な音楽であるといえます。

これらセミ・クラシックをポピュラー化したような、
静かな演奏のサロン・ミュージックも、
レコード会社は後にムード・ミュージックと名付けるようになり、
1950年代後半には、このスタイルが再び見直され、
各有名楽団もたいてい一度は、セミ・クラシック楽曲の
この手のレコードを作っているはずです。

上流階級のサロン・ミュージックと、ダンスバンドの
大御所ハリー・ホーリックのアレンジ手腕とを
掛け合わせた、古き上品な音場空間が香る
大変贅沢な1枚です。


収録曲名:
1:古きウィーン
2:二つのギター
3:フラスキータのセレナーデ
4:ヘ調のメロディ
5:シューベルトのセレナーデ
6:黒い瞳
7:トロイメライ
8:スワン
9:夜曲
10:エレジー

演奏:ハリー・ホーリック楽団

(曲間含む合計:29分2秒)






S0602131586

(社)日本音楽著作権協会 許諾済
媒体:音楽CD(自主制作CD-R盤)

※このディスクは、古いレコードを音源としているため、
ノイズや歪みによる、お聴き苦しい箇所があります。

※通常の音楽CDとしてお楽しみいただけますが、
記録用ディスクに録音したCD(オレンジブックパート2に準拠)なため、
一部のCDラジカセ、古いタイプのカーステレオ等では
かかりにくい等の現象が出る場合があります。

Members
Cart
Category
Recommend