『想いの夜』
型番 EH-253
販売価格

1,500円

購入数



『想いの夜』

いつから、そこに存在するのかも分からないほどの大木。
そこで起こった、いろんな出来事とともに、
短い人間の生涯も見ていたかも知れません・・・ 
御自身を含めた過去と、過去の人々を想う
時を超越した幻影は、夜の静けさを通して、
何かを私達に与えます。
過去からの想いを見つめ直す、
ひとときのムードが、ここにあります。

1950年代当時、世界一流の弦楽器奏者を集めた
ピッツバーグ・シンフォニー・オーケストラ
弦楽セクションの指揮を担当したリチャード・ジョーンズは、
ここでもアレンジを担当し、
深く味わうための弦の音場を作り出しています。
彼はこの頃、ジャッキー・グリースン楽団のアレンジも
引き受けていました。このアルバムのコレクションは、
以前の『レコードのムード4』のように
深刻なアレンジではなくて、少し「あっさり系」の
味付けですが、ロマンティックなメロディーに心打たれます(笑)

        ☆

収録曲名
1:来れ、わが腕に
2:ピッコリーノ
3:木蔭のくちづけ
4:ディープ・ナイト
5:ポインシアナ
6:恋は愚かというけれど
7:ローラ
8:夢よ、いつ迄も
9:連日連夜
10:暗い夜
11:アイ・ラヴ・ルイーザ
12:スノーフォール
13:枯れ葉
14:センチなムードで
15:五月の宵
16:君なくて

演奏:リチャード・ジョーンズ指揮、
   ピッツバーグ・シンフォニー・オーケストラ弦楽セクション
(曲間含む合計:約39分34秒)






S0602131586

(社)日本音楽著作権協会 許諾済
媒体:音楽CD(自主制作CD-R盤)

※このディスクは、古いレコードを音源としているため、
ノイズや歪みによる、お聴き苦しい箇所があります。

※通常の音楽CDとしてお楽しみいただけますが、
記録用ディスクに録音したCD(オレンジブックパート2に準拠)のため、
一部のCDラジカセ、古いタイプのカーステレオ等では
かかりにくい等の現象が出る場合があります。