『ターンテーブル・アラカルト』
型番 EH-222
販売価格

1,500円

購入数

『ターンテーブル・アラカルト』

ドーナツ盤やSP盤のポピュラー・レコードは、
ふつう片面に一曲ずつ収録されていますので、
そのどちらか一曲を聴く度に、
ターンテーブルへレコードを乗せて聴くことになります。
CDは、アルバムのように聴くのとは違った
「一枚に一曲の単独演奏」という概念は
通常持たれませんため、このCDでも一枚に一曲
という訳にはいきませんが、
アルバムのような一連のつながりを意識しない
「単品集」として選曲してみました。
つまりは、アルバムのような順番を意識した
コース料理とは違い、色々な味のある一品料理を
それぞれ12品詰め込んだ「楽しい折り詰め」のようなもの
としてお楽しみいただきたいと企画したものです。

特筆すべきはラスト曲。過去に『日曜洋画劇場』の
レコードアルバムとして発売された2種類からの
同曲「ソー・イン・ラヴ (So in Love)」は、
モートン・グールドの演奏を意識し過ぎて、
あまり個性の無い演奏に感じますが、こちらは独創的に
曲の印象が良く出ており、素晴らしいに尽きます。

他にもバラエティーに富んだ作品で満たされております。
お好きな料理から、お好きな順でお楽しみ下さい。

        ☆

収録曲名(演奏アーティスト)

1:チャイナ・ブギ
  (マックス・ジャファのバイオリンとエリック・ジャップ管弦楽団)

2:ウァンパム
  (ラルフ・マーテリー楽団)

3:ストリング・タイム
  (ルネ・ニコラス楽団)

4:ハイ・ファイ
  (ビリー・メイ楽団)

5:ヒッチコック劇場
  (スタンリー・ウイルソン楽団)

6:クレスタ・ラン
  (シドニー・トーチ楽団)

7:ベル・ブギ
  (ローレンス・ウエルクのリトル・バンド)

8:愛の歌声
  (ジャック・プリーズ楽団)

9:ブルー・ポーセリン
  (ノーマン・グリーン楽団)
 
10:緑の島
  (ノロ・モラレス楽団)

11:ザンベジ
  (ロウ・ブシュ楽団)

12:ソー・イン・ラヴ
  ( ? )※モートン・グールド楽団ではありません。

(曲間含む合計:約30分32秒)






S0602131586

(社)日本音楽著作権協会 許諾済
媒体:音楽CD(自主制作CD-R盤)

※このディスクは、古いレコードを音源としているため、
ノイズや歪みによる、お聴き苦しい箇所があります。

※通常の音楽CDとしてお楽しみいただけますが、
記録用ディスクに録音したCD(オレンジブックパート2に準拠)なため、
一部のCDラジカセ、古いタイプのカーステレオ等では
かかりにくい等の現象が出る場合があります。