『SP盤カフェ』
型番 EW-208
販売価格

1,500円

購入数

SP盤(エスピー・バン)というのは、
蓄音機でかけられていた78回転のレコードのことです。
この時代は、まだマスターに磁気テープを使っていない録音で、
編集の利かない一発録りであることから、
各楽団もそれなりに熟達したメンバーを起用し、
集中力を要した熱い演奏が込められていると言われております。

つまり編集部分が一切無いので、生演奏を
そのまま録音したものであると表現してもよいでしょうか。
遠い昔の日に演奏された音の缶詰「SP盤」をかけながら、
当時の喫茶店のようなムードを
楽しんでいただこうと企画したアルバムです。

単に貴重な録音という面もありますけれど、
タンゴにルンバ、フォックス・トロットなど
社交ダンスを踊っても、鑑賞してもお楽しみになれるような
リラックスできる素敵な演奏を集めてみました。
アメリカの録音が5曲、ヨーロッパの録音が6曲、
そして、南米の録音が2曲入っています。
おすすめのアルバムです!

収録曲名(演奏アーティスト名):
※各録音年はライナーに記載しています。

1:楽天地(ハインツ・フッペルツ管弦楽団)
2:エル・ベソ(ハリウッド・ダンス・オーケストラ)
3:ほほえみ(ロバート・レナード管弦楽団)
4:思い出のタンゴ(バルナバス・フォン・ゲッツィ管弦楽団)
5:ダイナ(サム・ドナヒュー楽団)
6:辻音楽師は行く(クリストバル・エレーロとオルケスタ・ティピカ・ブエノスアイレス)
7:優しき音楽もて(バルナバス・フォン・ゲッツィ管弦楽団)
8:歌なしで(レイ・マッキンレー楽団)
9:ボカ・チカ・コスタ・リカ(エストレラスのリズムとミステリアス・ピアノ)
10:アニウシカ(オイゲン・ヴォルフ管弦楽団)
11:ヴェニ・ヴェニ(バルナバス・フォン・ゲッツィ管弦楽団)
12:愛しのキャスリーン(ステラー・トリオ)
13:クリーム・イン・マイ・コーヒー(ローレンス・ウエルクのシャンペン・ミュージック)

(曲間含む合計:約38分17秒)





S0602131586

(社)日本音楽著作権協会 許諾済
媒体:音楽CD(自主制作CD-R盤)

※このディスクは、古いレコードを音源としているため、
ノイズや歪みによる、お聴き苦しい箇所があります。

※通常の音楽CDとしてお楽しみいただけますが、
記録用ディスクに録音したCD(オレンジブックパート2に準拠)なため、
一部のCDラジカセ、古いタイプのカーステレオ等では
かかりにくい等の現象が出る場合があります。

Members
Cart
Category
Recommend