『ベーシック・ムード Vol.1』
型番 EH-194
販売価格

1,300円

購入数

このCDタイトルは、ムード・ミュージックの
基礎時代に活躍したアーティストを考察するために
企画したシリーズです。既に重要な作品を多く収録している
『レコードのムード』や『インストゥルメンタル・パレード』
などと企画は重複してしまいますが、
こちらはアーティスト面からの考察として
解釈していただければと思います。
後に関連記事などを冊子として追記提供させていただく予定です。

このジャンルとしては重要なアーティスト、
ローレンス・ウエルクの楽団テーマ「バブルス・イン・ザ・ワイン」の
貴重なファースト・バージョンから、吉本新喜劇のテーマとして使われた
ピー・ウィー・ハント楽団演奏のオリジナル「恋人を取られて」、
そして大編成オーケストラによるムード・ミュージックの
開拓者アンドレ・コステラネッツ管弦楽団の演奏に、
ピアニスト・楽団指揮者・特に作編曲家としては大いに評価された
天才アーティストのモートン・グールドによるコール・ポーター作曲
「夜も昼も」など、重要な演奏家の作品がつまったアルバムであります。

また、カスケイディング・ストリングスを生み出した
マントヴァーニ楽団の「シャルメーヌ」は、
入手の容易な演奏であると思われるかも知れませんが、
みなさんのお耳にされているものは、おおよそ手法の効果を
より楽しませるために後に録音されているもののはずです。
ここに収録のものは、本国イギリスで
最初に作られたバージョンのレコード(SP盤)で、
同年発売のアメリカのドーナツ盤とも聞こえ方が随分違います。
当時のイギリスのラジオでも流れた、マントヴァーニ楽団の
原点となる録音です。お聴きになったことはありますか?


収録曲名:

01:バブルス・イン・ザ・ワイン(ローレンス・ウエルク楽団)
02:シャルメーヌ(マントヴァーニ楽団)
03:キューバの月光(マントヴァーニ・ティピカ楽団)
04:碧空(バルナバス・フォン・ゲッツィ楽団)
05:夜のタンゴ(バルナバス・フォン・ゲッツィ楽団)
06:オー!(ピー・ウィー・ハント楽団)
07:恋人を取られて(ピー・ウィー・ハント楽団)
08:トルコの黄昏(レイモンド・スコット・クインテット)
09:パワーハウス(レイモンド・スコット・クインテット)
10:夜も昼も(モートン・グールド管弦楽団)
11:ラヴァー(アンドレ・コステラネッツ管弦楽団)
12:ホット・カナリー(ポール・ネロ)

(曲間含む合計:約34分40秒)






S0602131586

(社)日本音楽著作権協会 許諾済
媒体:音楽CD(自主制作CD-R盤)

※このディスクは、古いレコードを音源としているため、
ノイズや歪みによる、お聴き苦しい箇所があります。

※通常の音楽CDとしてお楽しみいただけますが、
記録用ディスクに録音したCD(オレンジブックパート2に準拠)なため、
一部のCDラジカセ、古いタイプのカーステレオ等では
かかりにくい等の現象が出る場合があります。