『レコードのムード』冊子編 Vol.1(CD付き)VMBCー7501
型番 VMBC-7501
販売価格

2,500円

購入数


この商品は何方様でも、お求めになれます。
(会員にならなくても御購入できます)



『レコードのムード』冊子編 Vol.1(CD付き)VMBCー7501
〜ヴィンテージ・レコードと、クラシックな映画音楽のディープな世界〜

◎テレビ朝日系『日曜洋画劇場』旧エンディングのレコード
◎シネラマ映画のフィルムから直接録音して作られた訳ありレーベル
◎サウンド・トラック・レコードの第一号、


といった、シネラマ映画の音楽にまつわる話や、
日本で初めて発売された
洋画のサウンドトラック(サントラ)レコード第一号の話など
非常にマニアックな内容を記載した <<衝撃>> の冊子です!

そして、貴重な音源の数々も詰め込んだCDも付属。
ここには、野球界で有名なホームラン王のベイブ・ルースが
最も好んでいた曲とされる「ディープ・パープル」の作者、
ピーター・デ・ローズ自身がピアノを弾いている
プライヴェート録音の「ディープ・パープル」をはじめ、
世界でも未発売レコードの音源、
1950年代ラジオ放送に使われた音源などもあり、
もちろん、そのサウンドトラック(サントラ)
レコード第一号の全部も収録しています!

(表紙の紹介文章からの一部分)
昔から人々は、さまざまな美術品を求めたり、
書籍を集めては楽しんできました。
それは、所有という欲求を満たし、知的な好奇心による
人類の文化的な楽しみなのです。
でも、現代はそれだけではありません。
近世まで容易には得られなかった「音の蒐集」
という楽しみもあります。

物質として捕らえどころが無いまま、
瞬時に消えてしまう「音」は、すぐに過去の「ある空間の音」となり、
それを収めた「録音(レコード盤)」は、
時代を超えて再現することが出来ます。
それなりの年月が経った録音には、かつて自身が生きて来た時代を
思い返すような、懐かしいものもあります。
しかし、もっと時間が経ったものや、
外国という遠い文化の地であったりする録音には・・・過去の
古き良き時代への憧れのようなものや、
もうこの世に存在しない人の録音、
あるいは、ミステリアスで未知なるもの等へと想像が広がり、
知の欲求が湧いて来るのではないでしょうか。

「音の蒐集」作品として、貴重なレコード盤の数々を用いて
企画制作させてもらった音楽CD『レコードのムード』に、
さらなる知の欲求のための「情報」というものを
ささやかな書籍として、補わせていただこうと
思い立ちましたのが、この冊子です・・・ 



◎目次
『レコードのムード』は、「音の蒐集」というスタイルの音楽CDです

音楽CD『レコードのムード』の誕生 

『レコードのムード』で最初に選曲した2曲

日米ともに、過去一度も音源化されたことのなかったレコードの選択 

音源化されたことのなかったレコードって?(1) 

それぞれの『レコードのムード』の選曲について 

音源化されたことのなかったレコードって?(2) 

シネラマ方式のアメリカ映画『世界の七不思議』の話 

シネラマ映画を公開した映画館

映画『世界の七不思議』の音楽と、プロダクションの苦悩
〜暗黙した「? レーベル」の存在〜 

映画『世界の七不思議』のフィルムを修復していた人達を知る
 
音源化されたことのなかったレコードって?(3) 

「音の蒐集」のあれこれ〜当冊子編に付属のCDに収録のレコード〜 

後書き



冊子:A5版、約50ページ、フルカラー
付属CD:17トラック、曲間含む合計52分46秒